« 311さよなら原発くまもと集会2017heno | トップページ

2017年2月26日 (日)

3,11さよなら原発くまもと2017 へのお誘い

2月もあとわずか。もうすぐ3月弥生ですね。

今週末の土曜日、3月4日に以下のように、3,11さよなら原発くまもとの講演会とデモを予定しています。今年のテーマは

とんでもない再稼働!原発コストの肩代わり!

若狭連帯行動ネットワークの資料室代表の長沢啓行氏に「原発推進の新たなシステム~原発事故コストを電気託送料金に上乗せ」というタイトルでお話をしていただきます。

以下はチラシです。拡散歓迎です。

https://goo.gl/8X4bLy

長沢先生は阪神淡路大震災後、地震と原発について研究を進められ、原子力規制委員会に地震の基準地震動が過小評価されていると指摘。元島村委員の告発につながりました。

大飯/高浜原発仮処分、伊方原発仮処分、川内原発仮処分審尋の原告側専門家としてもプレゼンをしてこられました。ご期待ください!

当日はその後、グリーンコープから新電力の報告、避難者からのアピール予定。そののち、私たちの怒りをデモで訴えましょう!!!

実行員会では、賛同者と賛同団体も広く募集しています。

==================================

3,11さよなら原発くまもと集会2017への賛同募集

 

 東日本大震災、福島第一原発事故から6年がたとうとしています。そして、福島第一原発事故に関する報道をめったに目にすることがなくなりました。とりわけ福島県内外への避難者の現状はほとんど報道されることがありません。ともすれば、「困難な状況は過ぎ去り、元の場所への帰還が進んでいるのでは」といった錯覚にさえ陥りがちです。

 

しかし、現実は生やさしいものではありません。被害者・避難者に対する住宅や生活・営業補償の打切りが迫まっています。生活インフラの整備や仕事の見通しもなく「帰還」を迫られているのです。そして、子どもたちの甲状腺がんないし疑いは184人(201612月現在)を数えるに至っています。事故前には年間「1㍉㏜ 以下」を安全としていた基準が「20㍉㏜ 以下」に一挙に引上げられようとしています。このことは、福島だけの問題ではありません。将来、日本のどこかで原発事故が起こっても「20㍉㏜ なら被害とは言えない」という、全く国民の健康や生命を顧みないことに通じるものです。

 

 20158月の九州電力川内原発1号機が再稼動し、今では、定期点検中を含め5基の原発が再稼働するに至っています。これらに加え、原子力規制委員会はさらに3基について再稼動へのGOサインを出しました。

 

 さらに、政府は、東京電力が引き起こした福島原発事故の損害賠償、除染・中間貯蔵、廃炉事業などの費用が当初の5兆円から21.5兆円にまで膨らむとし、加えて「過去分」までも税金や電力の託送料金等の形で国民全体に負わせようとしているのです。また、「もんじゅ」の廃炉を決めたものの、新たな高速増殖炉事業の立ち上げを目指すなど、破綻済みの「核燃料サイクル」にこだわり続ける方針を打ち出しています。

 

 このように、政府、大力会社、原発製造企業など原発推進勢力は福島の反省・謝罪もなく、国民の健康・生命を犠牲にした上、経済的負担をも押し付ける形で、原発推進体制の立て直しを図ろうとしています。

 

2017年の「3.11くまもと集会」は、このようなたくらみを決して許さず、福島原発事故被災者・避難者とともに、完全な原状回復を求め続けるという私たちの意志を強く表明するものにしたいと考えます。

 

テキスト ボックス: 【集会の日程・会場】
日時 2017年3月4日(土) 
13:30開場 14:00~16:30
会場 熊本市会館 大会議室
(集会後、デモ行進を行います。)

     この集会への、多くの団体・個人のみなさんのご賛同とご参加をお願いいたします。

 

 

 

今回、大阪から講師をお招きし、ご講演をいただきます。また、福島県内外での損害賠償訴訟、子どもたちの保養キャンプへの支援を含め、25万円を目標に協賛金を募りたいと考えております。団体一口3,000円、個人一口1,000とし、何口でも結構です。集会成功のためご協力をお願いいたします。

 

20171月  日 実行委員長 中島熙八郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

キリトリ線

 
 
 
 

311さよなら原発くまもと集会(2017)に賛同・参加します。送付先FAX 096-364-7243

 

                       
 

 名前又は

 

団体名

 
 

 

 
 

(団体)代表者又は担当者

 
 

 

 
 

電話番号又は

 

FAX番号

 
 

 

 
 

 

 

Mailアドレス

 
 

 

 
 

 

 

住所

 
 

 
 

協賛金

 

(口数・金額)

 
 

   (       )口

 

   (       )円

 

 

 

 

協賛金振込先:郵便口座「さようなら原発311くまもと集会実行委員会」01730-6-125882

 

連絡先:原発ゼロ・熊本の会(096-359-2020)  熊本・原発止めたい女たちの会(0311kumamoto@gmail.com

 

    さよなら原発1,000万人アクション熊本実行委員会(096-371-6226(FAX096-364-7243)

 

« 311さよなら原発くまもと集会2017heno | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1571560/69739731

この記事へのトラックバック一覧です: 3,11さよなら原発くまもと2017 へのお誘い:

« 311さよなら原発くまもと集会2017heno | トップページ

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ