« 九電熊本支社との対話から3月13日(金)2015年 | トップページ | 6月5日 九電交渉報告・・・どうなる、火山噴火! »

2015年6月17日 (水)

5月8日 九電交渉報告

定例の九州電力熊本支社との対話報告です。

 

2015年  5月8日(金)14:00~15:00   

九電発言:自治会会長らをオピニオン・リーダーと認識している。彼らには説明するが、その他は検討中。

1)玄海一号炉の廃炉費用について

 

・費用357億円は国の試算によるもの。

 

・放射性廃棄物の処分費用含む(4月3日、これまで含まないと述べていた処理費は含むとN氏) 

 

残った疑問:処分場の候補先さえ決まらないのに、処分費を含むとは理解しがたい。 

 

Q:4月末に出た廃炉計画の実際の内訳は?

 

九電:廃炉計画ではなく廃止措置。計画はまだできていない。今年度末(2016年3月)になるだろう。そこまで手が回らない。

 

コメント:準備不足の再稼働を優先するので、廃炉については手が回らないということか?

  

2)原発維持費について(玄海+川内)

 人件費、固定費、点検費等

  

 

2009年

 
 

2224億円

 
 

2010年

 
 

2157億円

 
 

2011年

 
 

1843億円

 
 

2012年

 
 

1326億円

 
 

2013年

 
 

1320億円

 
 

2014年

 
 

 

 

  

※玄海原発4号炉は2011年12月23日から定期検査中

 ※川内原発2号機は2011年9月1日から定期検査中。現在、すべての原発が停止中。

 

Q1:安全対策費の3000数百億円はこれに含まれるのか否か?

 

九電:一部、含まれる。

 

2011年(H23)50億円

 

2012年(H24)80億円

 

2013年(H25)1020億円

 

2014年(H26)850億円

 

女たちの会:一部含まれると言われたが2013年度の維持費は1326億円。であれば維持とは別と考えた方が自然、合理的ではないか。

 

Q2: 2013年1320億円、一日換算では3、7億円では?  これで安いと言えるのか?

 

九電:維持費には、上記のほかに減価償却費や、燃料費、退職金なども含まれる。

 

再質問1)原発の維持費が支出の中でどの程度の割合になっているのか、知りたい。

 

再質問2)水力、火力、再生可能エネルギーの維持費を知りたい。 

 

Q3:前回言われた、日本全体でいうと、原発が経済的と言う意味は?

 

九電E:最近、新聞報道でも原発の単価は、他より安いと報道されていた。原発は、「わりにあう」。 

 

Q:事故が起きた場合の損害賠償費用なども入っているのか?  

 

 

Q:「福島や関東から避難している人々の、経済的、精神的損失は計り知れない。それも含めて割に合うと、考えているのか? そのような人の前でも、そう言えるのか?

 

九電:割に合うといういい方は撤回する。「経済的に優れている」と言い換えたい。

 

九電:予算に関しては、専門家(意味の分かった人)が総括原価方式ではじき出している。

 

 

 

 

 

 

 

« 九電熊本支社との対話から3月13日(金)2015年 | トップページ | 6月5日 九電交渉報告・・・どうなる、火山噴火! »

■原発関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1571560/60418761

この記事へのトラックバック一覧です: 5月8日 九電交渉報告:

« 九電熊本支社との対話から3月13日(金)2015年 | トップページ | 6月5日 九電交渉報告・・・どうなる、火山噴火! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ