提出したのは「原発ゼロ・熊本の会」と「熊本・原発止めたい女たちの会」。「ゼロの会」の抗議文は、再稼働に急ぐ九電の姿勢を「フクシマの現実から目を背けてはならない」「黒字化のためだけに再稼働するのは無責任で、将来世代に対する犯罪行為だ」などと批判した。

 同会の中島熙八郎共同代表(県立大名誉教授)は「福島で深刻な事故を経験した以上、二度と繰り返してはいけない」。「女たちの会」の永尾佳代代表は住民説明会の開催を求めた。

 抗議文を受け取った九電の担当者は「再稼働に向けて安全確認に万全を期していきたい」。住民説明会の開催は「普段から地元区長などに説明をしているため開く予定はない」とした一方、川内原発から40キロ圏内に入る水俣市の西田弘志市長には、近く説明する方針という。(籏智広太)